医療法人ナカノ会について

医療法人ナカノ会 理事長 中野一司

ようこそ、医療法人ナカノ会のホームページへ。
私が理事長(兼院長)の中野一司です。

私は、地域(鹿児島市)で生活を支える医療システムを構築したいという想いで、1999年9月に、ナカノ在宅医療クリニックを開業しました。私自身が最期まで受けたい医療システムの構築を目指しています。

このような、地域連携型在宅医療システムは、ナカノ単独で構築できるはずはなく、多くの地域医療、介護施設と連携していますし、そのような連携システムを構築することが開業当初からのナカノの開設理念です。

ナカノ在宅医療クリニックは、2003年10月には、医療法人ナカノ会となり、2004年11月には、ナカノ訪問看護ステーション、ナカノ居宅介護支援事業所を併設するに至りました。

医療法人ナカノ会では、患者様宅を病室、 鹿児島市を病院と考え、多数の他医療機関、介護施設と連携して、24時間、365日の医療体制を保障します。  

また、ご希望なら、癌末期や老衰など、在宅での看取りも可能です。現在(2013年6月現在)までに、在宅患者様933名の中で362名の方(214名が末期癌患者様)をご自宅で看取らせていただきました。(現在在宅患者様162名、末期癌患者様3名です。)  

当クリニックでは、医学生、看護学生、医師、看護師、教官などの研修(見学)も引き受けています。ご希望の方は中野までご連絡下さい。

(鹿児島市)地域の医療、生活を支援する医療法人ナカノ会を、どうか宜しくお願い申し上げます。

私の履歴

1987年 鹿児島大学医学部卒業
第3内科入局
1988年 鹿児島大学付属病院救急部研修
1995年 鹿児島大学付属病院検査部
検査部内コンピュータシステムの構築に従事
1999年9月 ナカノ在宅医療クリニック開設
2000年4月 介護保険スタート
2003年10月 医療法人ナカノ会設立
2004年11月 ナカノ訪問看護ステーション設立
2006年4月 在宅療養支援診療所制度スタート
2008年3月 鹿児島大学医学部臨床教授就任
2012年4月 在宅医療連携拠点事業スタート(全国105)
2012年6月 ナカノ在宅医療連携拠点センター設立

医療法人ナカノ会の理念